第78回TTPS勉強会

伝わらなさの正体 ~なぜ部下に理念が伝わらないのか~

TTPS勉強会とは?徹底的クって化する」を略して「TTPS(ティーティーピーエス)」と呼んでいます。毎月異なるテーマを置き、それにまつわるイケてる事例を共有する会です。「勉強会」とありますが講義形式ではなく、参加者同士が共に学び合い「徹底的にパクって進化する」ことを目指しています。 毎月1回、原則第4火曜日19:00〜21:00にて定例開催しています。以前はリアル会場とオンラインのハイブリッド形式で開催していましたが、コロナ以降はオンラインZoomをメインとしています。

そんなTTPS勉強会、今月は11月24日(火)の開催です。
今回のテーマは「伝わらなさの正体」。

企業理念をチームに伝えていくことは、マネージャーの一つの役割でもあります。しかし、「経営と現場をつなぐハブとしてしっかり伝えるように」という上位層と、「理念があいまいでわからない」「理想論だ」「自分の目の前の仕事と繋がっていない」という部下との板挟みになっている方も多いのではないでしょうか。

特に変革期において起きがちなのは、イノベーションだ!デジタルトランスフォーメーションだ!という経営と、そうはいっても既存顧客と今期の数字達成はどうするんだ!というリーダー層と、この古い体質の会社を変革したい!という若手層と、給料さえもらえば文句はありませんという層・・・などなど、
他にも多様性で織りなされるミルフィーユ構造があります。

中間管理職にとって悩ましい複雑な構造で一朝一夕でどうにかなるものではありません。ですが、まず最初のとっかかりとして「具体と抽象」という概念の眼鏡を通してこの構造をみてみると、糸口が見つかるのではないかと考えています。好事例を紐解きながら一緒にそのポイントを探し、TTPしましょう

これは企業という大きな枠だけでなく、その中のプロジェクトチーム単位でも、はたまた家庭というチームにも共通する課題なのではないかと思います。

相手に伝えたいことが伝わらない。
なぜこんなに考えて説明しているのに、理解してもらえないのか。

そのヒントとなる概念が「具体と抽象」細谷功さんの著書です。

amazon.co.jp

今回のTTPS勉強会には、著者の細谷さんもご参加いただけるそうです!

このテーマに興味を持たれた方は、是非「具体と抽象」を手にとってみてはいかがでしょうか?
※現在、11/24(火)TTPS勉強会の事前インプットとして読書会も計画中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です